HighAge注目

お金の内訳を知って有料老人ホームの検討をしっかりできるようにする

大事なお金のこと

貯金をいくらしているからといって、無限にそれが使えるわけでもありません。余裕がある人こそしっかり調査をして、無駄なお金を出さないようにしましょう。お金に余裕がない人は補助金を利用できるかもしれません。

費用の内訳を調査

部屋

入居から退去まで

有料老人ホームを利用しようというとき、月々にかかる費用だけを調べるのでは甘いといえます。
入居時に必要な一時金、そして退去するときにもお金を払わなければならないので、内訳を確認して様々なところを検討しましょう。

要介護度の確認

どのような介護をその人が必要としているかでも、費用の内訳は変わってきます。
要介護度3の人と1の人では自治体の負担が変化してくるため、自己負担額が変わります。高額な値段でもあるため、調査してもらって確認しましょう。

入居時の費用

有料老人ホームによって呼び方が変わってきますが、有料老人ホームに入居する際には前金が必要になります。
アパートでいう敷金のようなもので、一部返金があるケースもあります。この前金は数十万円のところもあれば数千万円かかる場合もあります。条件を確認しておきましょう。

月額費用の内訳

月額ではどのようなサービス料が含まれているのか確認しましょう。介護の内容によっては介護保険が適用できるケースもあります。サービスがより手厚い施設だと入居者の負担は一割負担となり、軽くなるのです。
その他には居住費や食費、日用品代などが含まれています。

安心できる場所を選ぶために必要な知識

部屋

費用の内訳を調査

介護を任せて住居も確保するのですから、老人ホームを利用するにはお金が必要になってきます。その費用の内訳を知ることで、どこの介護施設にするのか検討しやすくなります。介護保険が適用する範囲も知っておくと安心でしょう。

READ MORE
介護

どんな人が入居できるの

自立型と認定された人に対しても入居できる有料老人ホームがあります。施設によって受け入れられる人とそうではない方がいるので、介護を受けたい人はまず要介護認定を受ける手続きを市区町村で行ないましょう。

READ MORE
男女

安心して介護を任せたい

有料老人ホームを探す際に一番大事にしたいのが、「ここで快適に過ごせるかどうか」ですよね。それを知るためのチェックポイントがいくつかあります。スタッフの育成や、経営基盤がしっかりしているかなどを調べましょう。

READ MORE
介護

介護付きの施設

どんなサービスが期待できるのか、介護付きの有料老人ホームを例にとってみていきましょう。費用に関しても民間の介護付き有料老人ホームだとグレードを選ぶことができますので、予算に見合った利用をすることが可能です。

READ MORE
広告募集中